教室に通うのが楽しくなるテキストです。

※本ページは、ブログの最新5件の記事の本文を表示しています。
ブログの記事一覧を見るには[ブログ記事一覧]をクリックしてください。

2018年

4月

27日

【新刊のご案内】AmazonプライムビデオでGWも動画を視放題!\(^o^)/


皆さん、こんにちは。(^▽^)/

本日は新刊のご案内です。

  

スマホ用の「Amazonプライムビデオを楽しもう!」が新刊として完成しました。 

スマホ&タブレットクラスの講習におススメです。

 

 

「Amazonプライム会員」(Amazonの有料会員サービス)は、様々な特典がありますが、中でも個人的に一番恩恵を被っているのが、このプライムビデオです。

 

とにかくお得。

年払いの場合、月額僅か325円(コーヒー1杯分より安い!で映画もドラマも見放題!

最近は、月払い制(月額400円)もできましたので、気軽に利用をスタートしやすくなりました。

 

しかも、最初の30日間は無料体験もできますから、生徒さんにも非常にオススメしやすいです。 

 

 

どんな動画があるの?

私のような世代の女性の方(男性もか?(笑))は比較的、韓国ドラマを好んで視られるようです。

お孫さんにおススメなアニメなども豊富にあります。

話題のドラマで見逃したものも、再放送を待たずにいつでも何回でも視ることができます。

 

私もハマってしまった

私の場合は、生徒さんがティータイムや授業後の雑談で、散々「韓国ドラマ」の話題で、盛り上がっておられた頃は、全く興味がなかったので、ひたすら聞き役をさせていただいていました。(;^_^A

 

それが、プライムビデオを視始めてから、「イ・サン」、「トンイ」、「馬医」、「チャングムの誓い」などの時代劇はもちろん、「私の名前はキム・サムスン」、「花より男子」、「宮s」、「それでも青い日に」などなど。

 

現代版も含めてかなりの数が収録されているので、「ちょっと、視てみようかな~?」と思ったら、すっかりハマってしまいました。(笑)

大抵の作品が、日本ドラマより丁寧に作りこんでありますね。(^^)

 

もちろん、日本のドラマや映画、海外のドラマや映画も視ています。

今までに視た本数は数えきれません。1,000本は余裕で超えています。(笑)

2,000本か3,000本を超えているのかも…。(;^_^A

 

あっ、例えば、20話で完結のドラマの場合、1ではなく、20と数えてのことですが…。

1本のドラマで100話以上ってことも、結構あります。

 

更には、次々新しいものが追加されるので、一生掛かっても見つくせないと思い、評価が4以上のものから視ています。(笑)

 

個人的に一番気に入っていることが、Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、いつでもどこでも視られるという点です。

 

実は私は、テレビの前に一定時間拘束されることがすご~く嫌いで、テレビはまず見ないのです。(;^_^A

 

 

認知症予防にも効果的!?

テレビや映画を視てばっかりだと認知症とかを気にされる方もあるかと思いますが、掛かっているテレビをぼうっと視ている方は認知症になりやすいそうですが、自分で選んで視られる方は、認知症の心配がないそうですよ。

 

プライムビデオをたくさん視ている私も、最近、人間ドックのオプションで脳ドックも受けて来ましたが、認知症の心配は全くないそうです。

体調が良い時は、週に20時間程度視聴していますが…。(笑)

 

認知症とパソコン教室に関しては、また、個人的に感じていることを書かせていただけたらと思っています。

少なくとも、初期投資が必要な講座は導入を見送られたほうが無難だと思います。

 

 

 

ページ数と販売形式について

今回の「プライムビデオを楽しもうテキスト」は全34ページです。

 

ページ数が少ないため、未製本でのご提供となります。

 

今後、スマホ&タブレットのテキストについては、1冊単位の製本形式ではなく、お手軽にご利用いただけるように、サービスやアプリ単位の未製本形式でご提供をさせていただく予定です。

 

これなら、比較的短いスパンで新刊が出せると思います。

 

3部1セットでのご提供

本書は、3部セットでの販売とさせていただきました。

ページ数が多いほうが割安になることもあり、印刷会社テスコ様にかかるお手間なども配慮させていただきました。

 

仮に、スマホ&タブレットのクラスを5名(個人的にはスマタブは5名が理想と思っている)で運営されているとしたら、先生の分と生徒さんの分で6部になり、「数量2」で購入していただければ、ちょうど良いのかな?と考えました。

 

私が担当させていただいているクラスも、1クラス5名ずつです。(^^)v

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

2018年

4月

26日

講師の立ち位置と説明時のコツ

皆さん、こんにちは。(^▽^)/

 

先ずは、昨日のインスタグラムの投稿で1ヶ所訂正があります。

インスタ繋がりのお教室様、すみません。m(__)m

 

一宮教室があった場所(他教室様にお願いしましたので、今もあると思いますが)は、大雄会病院の駐車場ビルの1階ではなく、1階のお隣と表現したほうが正しいかと思います。(;^_^A

まあ、駐車場とはドア1枚で繋がっているので、丸っきり間違いという訳ではありませんが…。

何か、駐車場の下だと近隣のあるお教室様みたいで、いくら家賃が安かったとしても、自分が最も嫌だと思う場所になりますので、訂正させていただきます。

(生徒さんの頭の上を車が通るなんて、自分的には失礼で許せない)

 

では、またまた、昨日の続きです。(;^_^A

 

講師は立ち位置が重要だと思う

弊社は、講師の基本立ち位置も指導していました。

お一人の質問が終わったら、すぐにここに戻るようにと指示していました。

そうすると、全体の様子がよく分かるんですよね。

 

こんな田舎の弊社教室でも、今までに100教室以上(もっとか?^^;)の先生方が見学にお越しくださいました。

そんなときも、掲示物その他の写真撮影ばかりに気を取られて、本当に見ていただきたいこと(講師の立ち位置も含めた、テキストを使った授業のやり方そのもの)をご覧いただけている先生は少ないなぁと感じました。

 

なので、こんなことも書かせていただいています。

 

ちなみに、これらの投稿は、まだ、開業間もないお教室様や、経営がイマイチかなぁ?とお困りのお教室様のために、少しでもお役に立てばと、書かせていただいていますので、順調に運営しておられるお教室様は、無視してくださいね。(;^_^A 

 

静かな授業時間中と、弾けるティータイム

弊社の授業は非常に静かで、見学の先生方が「静かな授業ですねぇ。」と驚かれました。 

 

それは、ご入会時から徐々に、ご自分でできる生徒さんをお育てしているので、余程じゃないと質問されたいような困ったことが生じないからだと思います。

テキストは、弊社のテキスト以外は使用していませんでした。

 

中には、「生徒さんのレベル高いですねぇ」とか「難しいことされていますねぇ」とおっしゃる先生もありますが、最初に弊社がお奨めさせていただいているテキストの進め方をしていただければ、どなたでも自然にそうなっていただけるのです。(;^_^A

 

担当の先生が、最初のその一手間を面倒がってしまうと、結果的に、生徒さんに不親切な授業になってしまうと思うのです。

(テキストの進め方は、初回テキストご購入時に同封する文書にリンクが張ってあります)

 

家へ帰ったら、「先生がいないから何もできないじゃん!」では困りますよね。(;^_^A 

そういう生徒さんをお育てしていないでしょうか?

 

大抵の先生は、知識豊富で教えたがりです。

でも、そこでグッと我慢して、どういうお答えをするかは、とても重要だと思うのです。

 

もちろん、ご質問の意味が分からなくて、答えすら分からないのは問題外ですが…。 

 

 

授業時間中に対して、ティータイムになると、滅茶苦茶賑やかで弾けます。

もう、ほ~んと賑やかで、近隣から苦情が来ないかと思うほどのにぎやかさです。(笑)

そのメリハリも、とても大切だと思っています。 

 

生徒さんは、ティータイムでの皆さんとの会話をとても楽しみにしておられると思うのです。

私は、授業はティータイムのオマケでも良いと思っているくらいです。

 

なので、弊社講師にもしつこく伝えてきたのですが、1名や2名で授業をやってはダメで、最低でも1クラスに3名が入られるようにしないとダメなのです。

もちろん、マンツーマンレッスンの授業形態は別です。

(生徒さんが、それを望んでおられるのですから)

 

 

講師は「人柄が良ければ」を隠れ蓑にしていないか?

講師は人柄が良ければスキルが低くても良い的なことをおっしゃる方もありますが。

 

「人柄が良ければ」を隠れ蓑にして、スキルの低い先生で対応させていただくのは、どうなのかなあ?と。

もちろん、私も全然足りなくて、宿題にさせてくださいということもありますが。^^;

 

生徒さんは、よくお分かりです。

近隣に進出してきた教室の体験講座に参加されて、いくつか質問をしてみたら、先生が全然分かっていなくて答えてもらえなかった。とおっしゃっておられた生徒さんもあるようです。

間違いなく、弊社の生徒さんのほうがレベルが上だったと思います。

 

講師のスキルが低い教室は、当然、生徒さんから信用を失っていきます。

 

一度、講師不足で、やむを得ず、繋ぎで派遣の先生をお願いしたことがありますが、その派遣の方が「半数以上の生徒さんが、自分よりレベルが高い」とおっしゃっていました。

事実、そうでしたね。^^; 

 

弊社が正社員講師をメインで運営してきたのも、色んな意味での講師スキルを上級にしておきたかったからです。

 

人柄は、最低限の条件であって、生徒さんに長く通っていただくなら、講師のスキルも重要だと思います。

講師は、現状に満足せずに、常に学習を怠らない人でないとダメですね。(;^_^A

 

 

何でもかんでも答えを言ってしまうのはどうか?

1から10まで生徒さんのご質問にお答えする習慣は、親切なようで、実は非常に不親切なことだと思うのです。

 

ひどいと、「パソコン入門の最初のほうのページは、僕が読んであげているんですよ」と言われていた先生もありましたが、絶対に避けたいことです。

生徒さんは、テキストを読むのも進むのも自分のペースでされたいはずですから…。

 

質問が多いお一人がおられると、つい、その人の後ろに付いてしまいがちになります。  

でも、そうすると、その方は、すぐに先生を呼べるので、何でもかんでも先生に尋ねられてしまいます。

 

「ここは、何でも答えてくれるから親切な教室だ~。」と錯覚されがちになりますが、どう答えてくれるかが重要だと思っています。

 

知らず知らずに、ご自分一人では何もできない生徒さんをお育てするような不親切な教室になっていないでしょうか? 

 

 

生徒さんへのご説明時、私がしていた方法

私は、自分自身も様々な教室(20教室以上・パソコン教室とは限らない)で、生徒として受講したことがあります。

 

だから、先生がどなたかに説明されている声は、実は、他の人には非常に耳障りだということも経験していました。

昨日書いた1室に複数の講師が入ることも、そうですが、1室に1名でもです。

 

声が気になって、集中力が途切れます。^^;

かといって、ナイショ声の説明では、シニアの方が聴き取れません。

 

 

そのため、私の担当の授業では、どなたかから質問が出ると皆さんに声を掛けるようにしていました。

 

「今、〇〇さんから、こういう良い質問が出ましたよ~!
今から説明させていただきますので、興味がある方は〇〇さんの傍に寄ってくださいね~!」

 

そうすると、バラバラの内容を受講されていても、99%の方が寄ってこられるのです。

こうすれば、誰かに説明をするときでも、他の人も一緒に聞かれるので説明の声が気になることもありません。

 

何より「へ~!凄いね~」とか、「私も、次そのテキストやってみようかな~」とか、「〇〇さんのお陰で良い勉強が余分にできたわ~」など生徒さん同士の会話も生まれて、よりクラスの親密度が増すんですよね。
 

講師にもそのように指導してきましたが、これは講師の性格もあり、なかなか難しいのかも知れません。(;^_^A

 

 

もう少し突っ込んだお話は会員様専用ページへ

そういえば、ある他教室の先生から、「三輪先生がおっしゃることは、もっともだと凄~く納得がいくことばかりですが、自分にはできないんですよね~。」というメールを頂戴したことがあります。

 

その件に関しては、もし、私がその先生だったらこうしてみます、ということなども、いずれ、会員様専用ページに書かせていただけたらと思っています。

上のお話でも、もう少し具体的に補足したいことがいっぱいありますし…。

 

 

また、長くなりましたので、続きは明日に。^^;   

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

 

近々、楽しいご案内をさせていただきます。

お楽しみに~♪

 

 

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

2018年

4月

25日

損益分岐点分析(講師時給)と講座担当時に気を付けたいこと

皆様、こんにちは。(^▽^)/

人間ドックで不在にしておりまして、ご迷惑をお掛けしました。

 

お陰様で、大病は隠れていないということで、無茶をしない程度に、今後も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、話が長引いて恐縮ですが、損益分岐点分析の続きと、少し外れて行きますが、経営の本質にも関わってくるお話になります。

 

非常勤講師の時給の決め方(弊社の例)

損益分岐点分析に絡んで、弊社の非常勤講師の時給の計算例をご紹介させていただきます。

以前、参考になるとおっしゃってくださったお教室様もありますので、よろしければ…。

 

弊社は、多い時は、正社員講師が5名、非常勤講師が6名、事務員が1名在籍しておりました。

今はテキスト部門が多忙になり過ぎて、パソコン教室はほぼ全て譲渡して、元教室長などにやってもらっています。

当時は、毎日4コマ(8時間)担当というのがザラでした。(;^_^A 

若かったですから…。(笑)

 

 

正社員講師の給料は、授業数の多寡に関わらず金額が一定なので、固定費になるかと思います。

 

非常勤講師の時給については、次のようにしていました。

1時間当たりの基本給 + ●●●円×人数 = 時給

 

固定費部分(基本給)もあるのですが、変動時給なわけです。

 

こういう仕組みにしておくと、双方が頑張るので良いですね。

経営者は、少しでも多く払えるように、募集活動を頑張る。

講師は、自分の担当の生徒さんに満足してもらって、生徒さんが減らないように頑張る。

 

給料計算は、エクセルで作成した出勤簿に、講師自身で担当時間帯の人数を入力してもらって、自動計算できるようにしていました。 

 

1クラスを複数の先生で受け持つリスク

話題は、ここから、損益分岐点分析と外れて行きますが、1クラスの担当の仕方について、弊社の失敗談とその後の対策について書かせていただきます。

 

稲沢教室があった建物は、全部で5室ありますので、1クラスの定員を6名にして、3教室で同時に授業を行っていました。

全室とも、広さは18畳で、残り2室は事務室とキッチンルームです。

 

他のお教室様の中には、1クラスの人数を入るだけ入れられて、複数の先生で担当しておられるところもあるようです。

実は、弊社も一時期そうしていました。

 

しかし、仮に10名の生徒さんを2名の講師で担当するとした場合、

1名の講師がお一人の生徒さんの質問に応対していたとすると、残り9名の生徒さんに対して1名の講師が気を配ることになります。

それは、とても無理なことだと思われます。

3名で担当しても、残り8名を一人でということは変わりませんね。

 

 

さらには、とても大きな問題として、声の問題があります。

ある時、私ともう一人の正社員講師が1室に入って、それぞれ、3名程度ずつを担当させていただいていたことがありました。

その時、一人の生徒さんに「先生の説明を聞いていても、他の先生の説明の声が気になって集中できない」ということを言っていただき、ハッと気づきました。

そういうことを言っていただける生徒さんがあるということは、本当にありがたいことです。

 

これは、自分自身が生徒役をやってみると、非常によく分かります。

それ以降、1クラスの人数は、必ず1室で1名の講師が担当するようにしました。  

 

出来ているつもりでも、自分自身ではわかっていないこともある

ある教室長(正社員講師)が、1クラスで10名を受け入れる予約受付表を作っていました。

当然、1人で担当できる人数ではありません。

 

その教室長は、生徒さんのことを思って「このクラスは10名じゃないと、皆さんが困られるんです。」と言っていました。

 

私は「絶対にそんなことはないから。このクラスは10名で、他のクラスは2名じゃ、生徒さんにも不公平だし、2名の方は寂しいでしょ~?6名しか入れないようにしておけば、ちゃあんとバラけてくださるから、そうしなさい。」と伝えました。

 

ただ、どれだけ「1クラスの定員を6名にしなさい」と言っても、「一人で10名見れます」と言って聞かなかったので、勝手に6名で定員になる予約受付表を作って置いてきました。^^; 

 

当時は、既に教室運営の大部分を各教室長の裁量に任せていましたが、ここは、どうしても譲れない部分なので。

 

実際、私がそのクラスを見学してみたら、全然フォローできていませんでした。

自分ではできているつもりでいても、あっちの生徒さんもこっちの生徒さんも先生を待っておられる様子がありあり。

 

1クラスの人数を多人数でやられている方は、一度、教室全体を見回せる場所に立たれて、最低でも1時間(できれば1日)授業を見学してみられるとお分かりいただけるかと思います。

 

一人の先生が一人のご質問にお付き合いしていると、他の生徒さんはどうされているか?

先生待ち顔の生徒さんが複数名おられないか?  

 

 

今回も長くなってしまいましたので、続きは明日に。^^; 

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

 

 

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

2018年

4月

24日

「損益分岐点」から、パソコン教室運営に関する話

皆さん、こんにちは。(^▽^)/

本日は、年に一度の人間ドックに来させていただいております。

 

損益分岐点の続きを下書きしておいたので、公開させていただこうと思います。

私の経験を元に、パソコン教室運営に関する色々なお話になります。

 

売上高に関する弊社の例

私が主導権をもって複数教室を運営していた時の例です。

 

1日4コマ(8時間)× 週5日 × 1クラス最大6名として、キャパは120名

 

1コマは約2時間の授業です。(正確には50分授業 → 10分ティータイム → 50分授業)

1教室が100名を超え出すと、生徒募集の広告はストップ。

教室数が増えるまで何年もチラシを入れないこともありました。 

 

生徒が100名を割りそうになったら、募集活動を行う!という感じで、常時100~120名を維持する。

これで売上高は、大体の計算が可能になります。

 

 

◆パソコン教室は「オワコン」か?

上記の数字を見て「今どきは、そんなに上手くいく教室があるはずがない」と思われている先生もあるかも知れません。

が、現に今でも上手く行っておられる教室はあります。

 

私の尊敬している先生も、今の時代に、僅か2年で「もう募集はやめて、現存の生徒さんへのサービス重視に切り替えていく」みたいなことをおっしゃっていたので、凄いなぁと感心しておりました。

 

ちなみに、生徒さんが集まる理由は立地の良さでも無さそうです。

弊社も、最初に作った稲沢第1教室は、当時FC本部の先生がお越しになって、「よく、こんな立地の悪い場所で100名以上も集めましたねぇ。」と驚かれました。

前述の先生のお教室は、まだお邪魔したことはないのですが、弊社より更に立地が悪いそうです。

そう、立地でもないんですよね。(;^_^A

 

 

パソコン教室は「オワコン」(=ネットスラングで終わったコンテンツのこと。要は流行が廃ってしまった商品やサービスなど)とか言われたりもしますが、私は全然、「オワコン」なんかじゃないと思っています。(^^)v

 

自分の教室をどう捉えているかで「パソコン教室」は永続できると思うのです。

そのお話は何れまた、会員様専用ページに書かせていただければと思います。 

 

 

話が長くなりましたので、続きは、明日公開したいと思います(^^)

 

 

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

2018年

4月

23日

今週のお教室様へのご連絡事項(2018/04/23)

皆様、こんにちは。

今週のご案内は、次のとおりとなっております。 

 

  • 4月分テキスト代の締日は4/19になります(自動引落しの方)
  • 会員様専用ページをご準備させていただきました(要点再掲)
  • 4/24(火)~4/25(水)は臨時休業させていただきます(要点再掲)
  • 先週中のブログのご紹介 

4月分テキスト代の締日は4/19になります

GWを挟むせいだと思いますが、4月分テキスト代金のリコーリース登録確定日時が4/20の15:00までとなっておりましたので、4/19で集計をさせていただきました。

 

自動引落しをご利用のお教室様で、4/20にお買い上げくださったお教室様は、5月分テキスト代金のお引落しにさせていただきますので、どうぞ、ご了承ください。

 

会員様専用ページをご準備させていただきました(要点再掲)

先週月曜日より「会員様専用ページ」をご準備させていただきました。  

長期継続会員様月曜ブログをご覧くださっているお教室様へのサービスをより充実していきたいと考えております。

 

ログイン方法等、詳細は先週の月曜ブログをご覧ください。

なお、ダウンロード有効期限が4/22までだった特典ファイルは、リンクを外させていただきましたので、ご了承ください。

今週も、2~3ファイルご提供の予定です。

 

4/24~4/25を臨時休業させていただきます(要点再掲)

誠に申し訳ございませんが、「人間ドック」受診のため、4/24~4/25を弊社臨時休業日とさせていただきます。

 

弊社から発送させていただくものの発送予定が次のとおりとなります。

  • 4/23(月)13:00 までのご注文分 → 4/23に発送
  • 4/23(月)13:01 ~ 4/26(木)13:00 までのご注文分 → 4/26に発送

 

なお、テスコ様からお送りいただく分は通常どおりとなります。 

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

先週中のブログ内容について

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

営業時間:平日11:00~19:00

すぐにご対応できかねる場合もございますので、ご了承ください。

2号店はどなたでもご利用いただけますが、Word・Excel・スマホ&タブレット・一部の他社テキストは、販売しておりません

 

会員教室様へのサービス充実に時間を割きたいため、2018/5/31にて閉店させていただきます。

◆弊社 別事業サイト◆