教室に通うのが楽しくなるテキストです。

温活いいですよ!

こんにちは、鈴木です。(^.^)

 

10月に入り、涼しいというよりは寒くなってきましたね。

私もそうですが、冷え性の方は、夏のクーラーも大敵でしたが、

これからの寒さも大変ですね。

ここ何年か前から、「温活」という言葉を時々見たり聞いたりしますが…

 

【温活とは…】

読んで名のごとく、体を温めるための活動をするということですが、

「冷え性・血行不良はひどくなるにつれ、体に様々な障害を及ぼしますため、

その対策として、血のめぐりをケアし、体温を上げるためのアレコレを

日常に取り入れていきましょう」ということだそうです。

 

では、どんな活動をすればよいのかというと…

 

1.食べ物で体を内側から温める!

「色の黒っぽい食べ物(黒豆、小豆、ひじきなど)」「暖色(にんじん、かぼちゃなど)の食べ物」「地面の下に埋もれている根菜類・イモ類」は、体を温める性質をもっているそうです。

 2.軽い運動を心がける!

誰でも気軽に始められる運動=ウォーキングや、睡眠前のストレッチも有効だそうです。

 3.分割入浴で温まろう!

510分間の入浴を繰り返すことで、循環改善効果がアップして、ポカポカ体温が

長時間持続するといわれています。

 

 4.下半身を温かく保つ!

冷え性の人は足先の温度が低いので、足元を中心として、常に下半身を温かく保つ工夫を

しましょう。(湯たんぽや冷え取り靴下がおすすめです)

 これは、「低体温」の改善にもつながるのでオススメですよ!


低体温の方は、免疫力が落ちることに加え、体温が35℃になると

ガン細胞が活発になるともいわれていますので、気をつけたいものですね。


私自身も、色々と試してみたりしていますが、やっぱり「動くこと!」が

一番良いような気がするので、ボチボチと効果が出ることを願って、

毎朝晩とヨガマットの上でストレッチをしています。

毎日やっていると、サボった時に、「体がだるいな~」というのも

ちゃんとわるようにもなってきた気もしますし…(^^)v

 

それプラス、お芋やカボチャも美味しい時期となったので、食事にも気をつけていこうと思います。

 

※今回のイラストは「イラストAC」からダウンロードさせていただきました。

 いろいろな種類のイラストが無料で使用できるので、おススメです!

 

テキストは、こちら…


それでは、良い週末をお過ごしください。(*^_^*)


ポチッと応援クリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ

◆弊社 別事業サイト◆

営業時間:平日11:00~17:00

ぐにご応できかねる場合もございますので、ご了承ください。