教室に通うのが楽しくなるテキストです。

体組成計の早見表を作ってみました

皆さん、こんばんは。(^^♪

本日は、休日ということで、少しテキストから離れてみます。

 

年齢とともに、健康意識が高まるかと思いますが、皆さんは、ご自分の数値が標準範囲内なのか否なのかご存知でしょうか?

 

 

タニタなどの体組成計を販売されている会社のサイトに行くと調べられるのですが、スマホで自分のデータを見て、「普通」とか「標準」とか「高い」とか表示されていても、標準数値はどれくらい?と気になります。

 

その都度、サイトを確認しに行くのも面倒ということで、Excelで早見表を作ってみました。

 

例えば、高いと表示されている筋質点数は、一番若い18歳~29歳でも通用するのですが、体脂肪率が標準でもやや高めで、もう少し落とさないといけないということが分かります。(;^_^A

「標準-」になる日もあるのですが、なかなか、難しいです。

 

胆のうを手術で切除しているため、脂質に気を付けないといけないのですが、これが、本当にちょっとのことでオーバーになってしまうのです。(;^_^A

例として、お肉を食べた日はオーバー!

ヨーグルトを食べてもオーバー!みたいな…。

あすけんを付けてみて、こういうことが初めて分かりました。

 

お陰様で、摂取カロリーと消費カロリーが把握できるので、食べ過ぎは防げるし、三大栄養素をはじめとして各種栄養素が不足しているのか適正なのかも分かるので、不足している栄養素を意識的に補える、食生活での健康管理に非常に役立っています。

 

休養と栄養と運動!

運動は、今の時代、ジムなどに通わなくても、宅トレでできるので、ありがたいです。

 

人生100年時代、いくら、平均年齢が上がっても、健康年齢を上げておかないと、ですね。

 

PDFファイルをアップしておきますので、よろしかったら、ご利用ください。

体組成計データの標準値.pdf
PDFファイル 74.4 KB

 

 

ランキングに参加しました。

ポチっと応援していただけると嬉しいです。

 



にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

【弊社へのご連絡について】

誠に恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは、固くお断りいたします。
お問い合わせよりお願いいたします。