教室に通うのが楽しくなるテキストです。

なぜ、20,000円の規定があるの?

皆さん、こんばんは。(^.^)

 

ちょっと、超多忙につき、本日のブログ内容をお教室様からのご質問に対するご返事を共有させていただくことで替えさせていただきます。

画像は、今回の話題とは関係ありませんが、津島教室のぶちゃんからお送りいただいた今月のシェイプアートです。

のぶちゃん、本当にいつもありがとうございます。

レースのカーテンの透過が素敵ですね。

癒し系の作品で、拝見していると、ホッとしますよね。(^.^)

 

さて、表題の件ですが、お教室様から次のようなご質問を頂戴しました。

先日、〇〇の集まりの中で、「ハッピーテキストさんがよいですよ」と伺い、Webを見てみましたら、「年間2万円の購入がないと、継続して購入ができない」ようなことが書かれてまして、その縛りのあたりを詳しくお話いただきたく、ご連絡させていただきました。

 

先ずは、ご紹介くださいました複数のお教室様、ありがとうございます。

 

そして、上のご質問に対する考え方ですが、私どものテキストは、どなたにでも販売したいという気持ちではなく、本当に気に入ってくださる方だけにお使いいただきたいという考えでおります。

その際、なぜ、20,000円?って感じですが、これは、個人ユーザー様(つまり、生徒様)でも、年間20,000円程度のテキストをご購入くださるかと思うのですが、その場合に、生徒様だからということで売価で販売し、それ以下しかお求めくださらないお教室様に対して、お教室様だからという理由だけで卸価格で販売させていただくのは、公平性が保てないんじゃないかと思うんですよね。

 

それと、現在、予定をしております「ワードdeお絵かきコンテスト」もそうですが、「ブログビンゴ大会」とか、「春期ご入会応援キャンペーン」など、会員教室様に対する御礼の企画も、ときどき、催させていただきます。

これらも、他社様のように年会費などから振り当てる訳ではなく、テキスト代金以外の費用は、一切、頂戴しませんので、仮に年間1冊しかお買上げにならないお教室も年間100万円以上お買い上げくださるお教室様も同じというのは、やはり、公平性に欠けると思うんですよねぇ。

 

それと、何より年間1冊程度しかお買上げにならないお教室様まで管理させていただいておりますと、非常に事務作業が煩雑になりますので、本来のサービスに振り当てるべき時間が無駄に費やされてしまいます。

そこで、年間20,000円という線引きを設けさせていただきまして、20,000円に満たないお教室様は年末に契約解除をさせていただいているという訳なんです。

まあ、普通に利用すれば、20,000円なんてあっという間に使われるかと思いますし…。(^_^;)

 

と、こんな感じで事情をご拝察いただければと思います。

 

早速、このお教室様からは、会員申請をいただきました。

ありがとうございます。

今後とも、精一杯、皆様に喜んでいただけるようなテキスト開発に心がけますので、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

余談ですが、来月からは毎週木曜日に、内山先生がこちらのブログを担当してくれます。

鈴木担当の土曜日同様に、私もダブって書くこともあるかも知れませんが、内山先生の投稿もお楽しみになさってくださいね。(^_-)-☆

 

 

よろしかったら、ポチッと応援お願いします。

◆弊社 別事業サイト◆

営業時間:平日11:00~17:00

すぐにご対応できかねる場合もございますので、ご了承ください。