教室に通うのが楽しくなるテキストです。

LINEスタンプを40個描ききるコツ

 

こんにちは。

本日のブログは野田が担当させていただきます。(^^)


本日は、弊社の「ワードでLINEスタンプ作成」テキストに関する内容として

40個のスタンプを描ききるためのコツをご紹介いたします。


 

コツ『バリエーションを作りやすいキャラにする』


実は、自分が描いていてボツになったキャラクターがあります。

テンガロンハットをかぶっているリスです。

彼はクールなセリフをしゃべる、という設定でした。

数日かけながら微調整しつつ、1つ目のスタンプが出来上がりました。



異変に気づいたのは、2個目を作り始めた時です。

次のイラストは、目や口を端に寄せて顔を横向きにしようとしました。

帽子の向きに違和感が…。

このキャラクターの場合、横向きにするには、横向きの帽子を新たに描く必要がありました。


比較対象です。(現在、LINEで審査中の「赤ネクタイの似合うくま」から)

目や口を端に寄せているだけで、顔の向きが表現できているかと思います。


時間をかけて、テンガロンハットを横向きに描くことも

出来たのでしょうが、自分は絵が苦手でかなりの時間がかかりそうでした。


それと彼はクールなキャラという設定でしたので

表情を大きく変えることもできないことに気づきました。

すると、体の動きで表現することになりますが、これもかなり大変そうです。


やってみるとすぐに行き詰ったので、リスのキャラは一旦、ボツにしました。

(楽ばっかり求めてすみません^^;)


40個作るというのはなかなか大変です。

絵が苦手という方は、1つ目のスタンプを作る際に

顔が簡単に横を向けるかや、または感情表現がしやすいかなど、

いろんなバリエーションが作りやすいキャラかどうかを

考慮しておくと、後々の40個の作成が楽になるかと思います。


と、今回は以上になります。

ご参考になれば、幸いです(^^)



ちなみに弊社が販売中のスタンプです。

よかったらこちらも可愛がってやってください。

※タイトルをクリックすると、スタンプ一覧ページに移動します。



スタンプ作成はルールが細かく規定されており、

それらをすべて把握するのはかなりの手間です。


「ワードでLINEスタンプ作成」テキストでは出来る限り、

ルールを意識しなくてもスタンプ作成できるようにしました!

しかも、描画から画像出力まですべてワードで行います。

ぜひともご活用ください!



よろしかったら、ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


◆弊社 別事業サイト◆

営業時間:平日11:00~17:00

ぐにご応できかねる場合もございますので、ご了承ください。