教室に通うのが楽しくなるテキストです。

パソコンの画面を画像として保存する便利ソフト「Snipping Tool」

 

パソコンの画面をちょっと保存したいときがあります。
例えば、ネットで調べた情報を後でも参照したいとき。

後でもう一回そのページを開くのは手間がかかりますが、そのページを画像としてデスクトップなどに保存しておけば、目につきやすいし、内容も素早く見ることができます。

 

そして、そんな場面で便利なのが、ウィンドウズに付属のソフト「Snipping Tool」です。
このソフト、地味ながら結構活躍しますよ(^^)

起動するにはスタートメニューから「Snipping」と入力して検索すると起動できます。
詳しい解説は、テキスト「Windows10活用」にも載っていますので、そちらをご覧ください。

 

 

さて、本日は、そんなスニッピングツールで、ちょっとマニアックな設定かもしれませんが、「画像に枠線をつけて保存する」という設定を紹介したいと思います。


枠線をつける、というのはどういうことかといいますと、下図のように、画像のフチに線(下図は黒色の線)をつけるというものです。 

用途としては、このブログでもそうですが、画像に枠線をつけることで見やすくなることがあります。そういった場面で有効です。

 

設定変更の手順は、まずは[オプション]をクリックします。

 

 

そして、表示された画面の[切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する]をオンにします。
※すぐ上の[インクの色]は好みで変更してください。図は黒色に変えています。

これで、画像に枠線がついて保存されます。
必要な場面がありましたらぜひ使ってみてください。

 


本日は以上となります。ありがとうございました。(^^)
また来週にお会いいたしましょう。(記事担当:野田)

 

過去ログは、画面を一番下までスクロールしていただいて
「サイトマップ」をクリックしていただくと、ご覧いただけます。

  

↓ポチッと応援クリックよろしくお願いします!

 

◆弊社 別事業サイト◆

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

営業時刻:平日13:00~21:00

営業時間外のお問い合わせは、すぐにご対応できかねますので、ご了承ください。

【緊急のご連絡】

9/27~9/28は、配送担当者が急なお休みのため、配送が遅れる場合がございます。ご容赦ください。

 

【休日のご案内】

10/2(月)~10/4(水)

生徒様との親睦旅行のため、お休みさせていただきます。