教室に通うのが楽しくなるテキストです。

日本語入力IMEの新機能「クラウド候補」とは

 

こんにちは、野田です。
本日は、マイクロソフトIMEの新しい変換機能「クラウド候補」についてお話したいと思います。

 

まず、下図は「とうきょうはよ」と入力した直後の場面です。
赤枠内に「クラウド候補を使ってみる」と表示されています。

これはIMEの新機能で、今年の夏ごろに追加されました。

 

「クラウド」という単語と、「雲のマーク」からわかるように、変換候補をネットから呼び出してきます。
具体的には、同じマイクロソフト社のBing検索から候補を呼び出します。

 

この機能のメリットは、ネットから変換候補を拾ってくるので、トレンドなキーワードや、または専門用語なども入力できるようになります。

 

ちなみに、先の画像にあった入力文字「とうきょうはよ」のクラウド候補はというと…

「東京は夜の七時」でした。
これは、この前のパラリンピック閉会式に関連した曲の名前です。
次回開催地である東京のPRビデオで、この曲が流れて、曲名がトレンド入りしていました。

 

 

クラウド候補をオフにしたい場合

クラウド候補は表示しなくてもよい、という人は、次の手順で設定を無効にできます。

  1. 画面右下の[あ](または[A])をクリック
  2. [プロパティ]をクリック
  3. [詳細設定]をクリック
  4. [予測入力]タブをクリック
  5. [クラウド候補を使用する]の項目をオフにする(下図参照)
  6. [OK]をクリックして完了

 

これで、クラウド候補が無効になります。

 

 

クラウド候補を自動的に表示したい場合

今度は、より有効にするほうの設定です。

 

クラウド候補は、既定の設定では、変換メニューに「クラウド候補に使ってみる」と表示されます。

そして、そこを選択するとクラウド候補の変換候補が表示されます。

 

ですが、いちいち、その箇所を選択しないと、どんな候補が表示されるのかわからないのでは、手間がかかります。

 

そこで、最初から変換メニューに、クラウド候補の変換候補を表示させるという設定もあります。

 

設定方法は、先ほどと同じ画面で、下図の[自動的に表示する]を有効にします。

するとクラウド候補の変換候補が、最初から表示されるようになります。

 

有効にしてしばらく使っていますが、特に悪い方の違和感はないですね。
便利になったと思います(^^)

 


本日は以上となります。ありがとうございました。
また来週にお会いいたしましょう。

 

過去ログは、画面を一番下までスクロールしていただいて
「サイトマップ」をクリックしていただくと、ご覧いただけます。

  

↓ポチッと応援クリックよろしくお願いします!

 

◆弊社 別事業サイト◆

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

営業時刻:平日13:00~21:00

営業時間外のお問い合わせは、すぐにご対応できませんので、ご了承ください。

【緊急のご連絡】

9/27~9/28は、配送担当者が急なお休みのため、配送が遅れる場合がございます。ご容赦ください。