教室に通うのが楽しくなるテキストです。

ワードの図形で切り抜いた画像をJimdoに!


 

皆さん、こんばんは。(^.^) 

昨夜のJimdo講座でご質問があった内容について、書かせていただきます。

 

好みの写真をワードの図形で切り抜き、それをJimdoに利用したいというものです。

まず、画像をワードの図形で切り抜くというのは、発想の転換で、図形で画像を切り抜くというよりは、図形を画像で塗りつぶすという考え方になります。

 

 

弊社刊ワード上級ワードでマルチブック作成のテキストをご利用くださった方は、ご存知かと思いますが、ワード上級のテキストの作品例(写真館の七五三のポスター)は、3歳の着物を着ている子の写真が、基本図形の八角形を利用して切り抜いてあります。

余談ですが、当時は3歳だった孫ちゃんが現在は中学1年生になっています。(;^_^A

 

右側はワードでマルチブック作成のテキストのあるページの例ですが、同様に、右下の画像がワードの図形で切り抜いてあります。こちらは枠線も付けてあります。

 

それぞれ、画像をクリックしていただくと、拡大表示されるようにしてあります。

 

では、手順を書いてみます。

テキストをご購入の方に申し訳ないので、画像入りで丁寧に書かせていただく訳には行きませんので、箇条書き程度で失礼します。(ワード2016の例です)

 

1.「ワード」を起動します。
※新しいワードに慣れておられない方は、Word起動後は、「白紙の文書」と書かれている部分をクリックしていただくとワードの新規文書が表示されます。

 

2.「挿入」タブをクリックします。

 

3.「図形」をクリックし、この形で切り抜きたいなぁと思う図形をクリックします。

 

4.好みのサイズにドラッグします。

 

5.「書式」タブが選択されているのを確認します。

※図形が選択されていれば、「書式」タブになっているはずです。

 

6.「図形の塗りつぶし」をクリックし、「図」をクリックします。

 

7.「ファイルから」の「参照」をクリックします。

 

8.ご自分の好みの画像をダブルクリックします。

 

これで、画像が図形で切り抜かれた感じになります。

 

ちなみに、ここでもっとこだわりたい場合は、「図形のスタイル」の右下隅にある「図形の書式設定」(マウスでポイントするとボタン名が表示されます)をクリックすると、画像の明るさやコントラスト、鮮明さを変更したり、影を付けたり、その他様々な書式設定ができますので、色々と遊んでみてください。(^.^)

 

まずは、今日はここまでをやって、とりあえず、ワード文書を適当な名前で保存しておいていただけますか?

続きは、明日、書かせていただきますね。(^_-)-☆

 

 

 

そうそう、先日のラテラルシンキング、考えてみられた方ありますか?

黒づくめの洋服の人のお話です。

なんと、答えは「昼間だったから車の運転手はすぐ気づけた」ということになります。

「な~んだ!」って怒り出さないでくださいね。(;^_^A

 

 

2人の女の子がいます。

同じ日に同じお母さんから生まれたのに、 2人は双子じゃないそうです。

何故でしょう?

みたいなのとかあります。

これは、簡単過ぎますね。(;^_^A

ビル・ゲイツの面接試験-富士山をどう動かしますか」な~んて本もあるようですよ。

 

 

過去ログは、画面を一番下までスクロールしていただいて 「サイトマップ」をクリックしていただくと、ご覧いただけます。

 

ポチッと応援クリックしていただけると 励みになります。

◆弊社 別事業サイト◆

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

営業時刻:平日13:00~21:00

営業時間外のお問い合わせは、すぐにご対応できかねますので、ご了承ください。