教室に通うのが楽しくなるテキストです。

基礎控除の拡大検討 低所得層の負担減って?

皆さん、こんばんは。(^^)

 

今日のYahoo!ニュースのトップ記事に「<所得税改革>基礎控除の拡大検討 低所得層の負担減」というのがありました。

 

一般の方は、「これってどういう意味?」って思われるかも知れませんので、生徒さん向けに少し所得税の話題を書いてみたいと思います。

  

よく、主婦の方で「103万円までなら働いてもOK!」みたいなことを話題にされることも多いかと思いますが、何故、103万円までならOKかということはご存知だと思います。

 

そうです!103万円までなら所得税が掛からないからですね。(^^)/

 

でも、何故103万円までの収入なら所得税が掛からないか?っていうのは、意外と考えられたことがないかも知れません。

その辺りを含めて、今回の税制改正の内容をご一緒に見て行きたいと思います。

 

 

これ以降は、仮に、お給料以外の収入が無いと仮定してのお話になります。

所得税は、次の手順で計算されます。

 

1.給与等の収入金額

給与や賞与の合計額です。

 

 

2.給与所得控除額

上の画像により計算します。(国税庁のサイトより引用)

 

これは、事業者の経費と同じような意味合いのもので、お給料をもらって働いている人も、これくらいの費用は掛かるであろうと見做して、給与等の収入金額から控除してもらえる額になります。

 

具体例として、次の4パターンを挙げてみます。

①103万円の人

1番上の行の180万円以下に該当しますので、

103万円×40%=41万2千円ですが、65万円未満の場合は65万円になります。

 

②300万円の人

2番目の行の180万円超360万円以下に該当しますので、

300万円×30%+18万円=108万円になります。

 

③500万円の人

3番目の行の360万円超660万円以下に該当しますので、

500万円×20%+54万円=154万円となります。

 

④1,000万円超の人

一番下の行に該当しますので、

220万円(上限)ということになります。

 

 

つまり、収入金額によって計算式は異なりますが、最小65万円、最大220万円です。

 

3.所得控除後の金額

1-2で求めます。

 

具体例の場合、次のようになります。

①103万円の人

103万円ー65万円=38万円

 

②300万円の人

300万円ー108万円=192万円

 

③500万円の人

500万円ー154万円=346万円

 

④1,200万円の人

1,200万円ー220万円=980万円

 

4.所得控除額

「配偶者控除」、「扶養控除」、「社会保険料控除」、「生命保険料控除」、「医療費控除」などをよく耳にされると思いますが、それ以外に、誰でも控除してもらえるものとして「基礎控除」というものがあります。

これは、現在、一律38万円になります。

 

 

5.課税所得金額

3-4で求めます。

 

4はイメージをしていただいてもお分かりかと思いますが、その人によって金額が異なります。

ただ、「基礎控除」だけは全員一律に控除してもらえます。

ということで、

3の「所得控除後の金額」が38万円だった人は、

38万円-38万円で0円ということになります。

 

 

6.所得税額

5の金額に所定の税率(5%~45%)を掛けて求めます。

5の金額が大きい人ほど、税率が高くなります。

ちなみに、5の金額が195万円以下の人が5%になり、4,000万円超の人が45%になります。

 

つまり、給与等の収入金額が103万円だった人は、0円に最低税率の5%を掛けても0円となり、所得税が0円となる訳です。

 

よく、「1億円プレーヤーとかは、半分くらいが税金で持って行かれちゃうから~」なんて、お話も耳にされると思いますが、最大の税率が45%なので、半分くらいと表現される訳です。

 

検討されている税制改正の内容

今回の税制改正は、4の「基礎控除」の額を38万円から引き上げるというものです。

ただし、その前段階の2の「給与所得控除額」の額を一律に引き下げるようですので、結果的に、高所得層は負担増になり、低所得層は負担減になるとされています。

 

もちろん、まだ決定事項ではありませんが、リンク先のニュースの内容は、こんなような意味になります。

 

年末調整(毎月、仮の所得税が給与や賞与から控除されているため、上の流れで1年間の正しい所得税額を計算して、正しい金額に調整する作業)の時期も近づいていますので、ご自分の所得税について、ちょっと考えてみられるのも良いかも知れません。

 

 

ふるさと納税(後編)」のテキストには、今日のような内容も書いてみる予定です。

 

 

  

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

◆弊社 別事業サイト◆

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

営業時刻:平日13:00~21:00

営業時間外のお問い合わせは、すぐにご対応できかねますので、ご了承ください。