教室に通うのが楽しくなるテキストです。

Excel2016のピボットテーブルでこんな現象が…。

Excelブック形式で保存したデータを

Excel2016で加工した場合

97-2003ブック形式で保存したデータを

Excel2016で加工した場合


 

皆様、こんにちは。(^▽^)/

 

既に、年末年始の休暇に入っておられるお教室様も多いかと思います。

弊社も本日から年末のお休みですが、テキストの編集がまだの状態で休んでいるほうが、かえって気分的に疲れるので、私は今朝も早朝から頑張っております。(^^)v

 

配送は、4教室様からご注文をいただいておりますので、本日発送させていただきます。

年末年始の休日中にご注文をいただく際は、必ず納品ご希望日時をご記載くださいね。

お荷物が迷子になっちゃうといけませんので…。

 

 

さて、タイトルの件ですが、エクセル2013実務お役立ち編を2冊に分割しつつ、2016にも対応させようと、2016で分割&チェック作業をしておりました。

 

そこで、ピボットテーブルで不思議な現象を発見しました。

 

ピボットテーブルの学習をしていただく際は、大量データが入力されたデータファイルが必要だと思いますので、流石に1から入力していただくのではなく、データファイルをダウンロードしていただいてご利用いただく形になっております。

 

Excel2013実務お役立ち編」のテキストに記載してあるDL先からDLしていただくファイルは、Excel2013で作成した「Excelブック(拡張子がxlsx)」なのですが、「Excel2010実務お役立ち編」や「Excel2007実務お役立ち編」のテキストに記載してあるDL先からDLしていただくファイルは、「Excel97-2003ブック(拡張子がxls)」なのです。

 

それぞれをエクセル2016に読み込んでピボットテーブルを作成したところ、画像のような結果になりました。

 

「Excelブック(拡張子がxlsx)」の場合は、テキストに記載してあるように、行ラベルや列ラベルを変更していただく必要があるのですが、「Excel97-2003ブック(拡張子がxls)」のファイルを加工すると、画像の赤枠のように、自動でフィールド名を取り込んでくれるのです。

 

2016になると、日付のグループ化をしなくても、「月」という項目が自動生成され、画像のように月単位でグループ化してくれ、これは同じなのですが、こんな部分に、それぞれの拡張子の違いが出て来るとは…。

 

ちょっと面白かったので、お仕事の気分転換も兼ねて書いてみました。

 

本日の目標は、エクセルの全てのテキスト(残り10種類)を完了させること及び会計(残り2種類)を完了させることです。

 

 

それでも、まだ、41種類手つかずが残ります。

フゥ~!

元旦の初詣と実家のお墓参りだけ済ませたら、まあ、お仕事だわね。 ( ;∀;)

 

 

さ~て、続きを頑張ります。

 

 

 

 

ポチッと2つ応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

 

ただいま、業務多忙のため、

以下の2店舗は一時休店中です。

・2号店(非会員ショップ)

・Yahoo店

2月頃から再開できる見込みですので、よろしくお願いします。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

営業時間:平日13:00~21:00

営業時間外のお問い合わせは、すぐにご対応できかねますので、ご了承ください。

◆弊社 別事業サイト◆