教室に通うのが楽しくなるテキストです。

スマタブ講座のキッカケに! キャッシュレス決済講座のおススメ資料

 

連投失礼します。

 

生徒さんに、ラインペイの残高が合わないんだけど~!とご質問をいただいたので、5%還元と2%還元の違いを、再確認していただく意味もあって、後日の投稿用に下書きしておいた記事ですが、投稿させていただきます。(;^_^A

 

皆様のお教室では、スマタブ講座は順調でいらっしゃいますか?

長く継続していただいて、使いこなしていただける生徒さんをお育てするには、パソコン教室のように月に8時間とかの授業をやってしまうと、失敗になりますよね?

 

そういう講習の仕方をしてしまうと、その場では分かった気になられても、使いこなせるようにはなっていただけません。

難しいという意識が先走ってしまって楽しんでいただけないですよね?

何時間コースみたいな集中コースも同様だと思います。

そういう講座も外部講座で嫌というほど担当させていただいて来たのでよく分かります。

 

 

お奨めは、1ヶ月に2時間程度の1回だけの講座です。

しかも、グループレッスン形式がおススメです。

そうすれば、今朝のインスタにも書いたのですが、初代のGalaxy Tabの時代からの生徒さんが、今もお続けくださるように、ずうっと続いていきます。

 

もう、10年とか20年のお付き合いがある生徒さんが殆どで、生徒さんというよりは、お友だちという感じですけどね。

 

私は、どうしても、2足の草鞋は、どちらにもご迷惑が掛かるので無理だと判断し、現在は、わがままをさせていただいていますが、ご指導される先生のやる気さえあれば、スマタブ講座は一生涯続くだろうと思っています。

だって、どんどん新しいアプリが出てきて、どんどん端末が進化していきますものね。(^^)

 

 

パソコン教室なのですから、特にスマホやタブレットだけにこだわらずに、例えば、登録の画面が延々と続くなんて時は、パソコンからのほうが楽だから、パソコンでやりましょうか~?とか、臨機応変に使い分けて行けるのも、パソコン教室ならではですね。

自分もそうですが、シニアグラスが必要になってくると、小さなスマホの画面でチマチマ入力するのが苦痛な時がありますから…。(;^_^A

スマタブ教室のご入会から、パソコンもやってみようかな?なんてこともありそうです。

 

  

最近、入門編、基本操作編、日常活用編を複数冊ずつお求めくださったお教室様がありますが、きっと、新規のクラスをスタートされるんだろうなぁって楽しく想像させていただいています。

 

1ヶ月に2時間だけの繋がりですが、それが素晴らしい和になって、教室の雰囲気づくりにも一役買ってくれます。

 

まだ、スマタブの講座を開講されていないお教室様がありましたら、是非、お早めに始めてみられてくださいね。

どんなやり方をしたら良いんだろう?とか迷われている方は、遠慮なく、DMででもご連絡ください。

 

 

今回のスマホ決済がスマタブ講座開講の良いきっかけになりそうですね。

お教室へ通われていない方は、スマホと言っても電話とカメラとラインだけ、とか、そんな方が結構多いですもんね。

使いこなせば無限大に楽しめると分かっていただける良いチャンスです。(^^)v

 

 

以下は、私が先日の勉強会のために印刷しておこうと調べていた経産省のサイトです。

 

消費者向け説明資料(PDF)」が生徒さん向けの講習に、とてもお役に立ちそうです。

表紙共に、全26ページありますが、「よくあるご質問」なども、生徒さんが抱かれそうな不安や疑問に答えてくれていると思います。

 

更には、クレジットカードも交通系カードもQRコード決済も、各社それぞれ上限があり、その数値などもまとめられているので、「へ~!そうなんだ~!」と、結構、参考になります。

 

楽天エディなどは、2,500ポイント/決済となっていますので、多人数で利用の場合は別のにするか?とか…。

オリガミの即時充当(例えば、100円のものを購入すると、その場で95円と表示)も面白いのですが、2,000ポイント/決済までかぁ?とか…。

使う金額によって、時には、支払手段を変更する必要性もあるかもですね。

 

 

今更かも知れませんが、事業者の生徒さん向けには、「中小・小規模事業者向け説明資料(PDF)」があり、要点だけまとめられています。

 

 

 

 

過去ログは 「サイトマップ」よりご覧いただけます。

  

 

ポチッと応援クリックしていただけると 励みになります。

 

 

「お絵かきコンテスト」は、会員教室様の生徒様専用のイベントです。一般の方はご参加いただけませんので、最寄りのお教室様にご入会くださいますようお願いいたします。