教室に通うのが楽しくなるテキストです。

青色申告特別控除額65万円を受けておられますか?

こんばんは。(^^♪

ただいま、「やよいの青色申告」のテキストの改訂中で、遅まきながら、同ソフトを購入し直しました。

 

「弥生会計」で個人分も処理していたため、やよいの青色申告はVer.20しか持っていなかったので…。(;^_^A

 

価格コムで検索してみたら、一律12,980円だったので、じゃあ、Amazonにするかぁ?と、Amazonへ飛んだら、画像のような表示がされました。

 

最安値12,536円ということで、Yahoo!ショップで購入しました。

PayPay ボーナス625円相当とTポイントが250円相当付いて、お得でした。

 

 

ご存知かと思いますが、昨年から青色申告特別控除額の制度が変わりました。

 

従来は、一律65万円だったのが、電子申告を行うか、電子帳簿保存を行っている場合は65万円、そうでない場合は55万円に引き下げられました。

差額10万円は大きいですよね。

 

私の場合(家人の分)は、電子申告を行って65万円の適用を受けました。

 

でも、電子申告を行うには、カードリーダーかカードリーダー代わりをしてくれるスマホが必要(一部例外がありますが詳細は省略)ということで、無理!という方は、電子帳簿保存にされると良いと思います。

 

 

「やよいの青色申告」も、もちろん、電子帳簿保存に対応しています。

 

電子帳簿保存にすると、仕訳帳や元帳その他の帳簿を印刷して保管しておかなくても、電磁記録で良いので、印刷代や保管スペースの節約にもなります。

 

電子帳簿保存にするには、税務署へ届出をする必要がありますが、それが、電子データ保存を開始する月の3ヶ月前までと言われています。

 

今から、会計ソフトを学習されて、来年9/30までに届け出を行い、電子帳簿保存に対応してみられては如何でしょうか?

 

テキストで言うと、この部分(P.24)です。

 

電子帳簿保存の承認を受けられたら、この段階で、「電子帳簿保存を行う」にチェックを入れて、次へ進まれれば大丈夫です。

テキストは、導入初年度をイメージしているので、「電子帳簿保存を行わない」のままで、次へ進んでいます。

 

 

電子帳簿保存を選択するとどうなるのか?

私の知る限りでは、後から修正した場合などに、その修正の履歴も全て残るのだったと思います。

 

テキスト進捗状況

完 了 見 込 インターネット(2)➡明日以降ご提供予定
新規制作中

やよいの青色申告22(1)

チェック中

インターネット(3)

インターネット(4)

改 訂 中

Facebook(保留中)

ラベル屋さん(1)(2)←来週以降

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチっと応援していただけると励みになります。


パソコン教室ランキング

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

誠に恐れ入りますが、コロナが収束するまでは、三密を防ぐ意味で、複数人数ご利用での単発貸出はしておりません。

収束後のご予約及びその他のご用件は、お問い合わせよりお願いたします。

社長の趣味ブログ