教室に通うのが楽しくなるテキストです。

工業簿記2級(10)個別原価計算2-1

09 個別原価計算2(P.38~41)

個別原価計算の2は、予定配賦ですね。

原価を早く把握するために、予定配賦額で原価を計算し、差額は最終的に売上原価に加減するという方法が取られます。

 

問題9-1

実際額が720,000で予定額が765,000だったので、企業にとっては有利ということで、有利差異になります。

 

問題9-2

本問は、指図書№1が完成したなどの記述はないので、特に指図書別に計算する必要はなく、求めた予定配賦額に、合計の実際機械運転時間を掛ければ良いですね。

差異は、本問も、実際のほうが安かったので、有利差異ですね。 

 

問題9-3

消費額の求め方が大切ですね。

(1)慣れて来られたら、T勘定を書かずに、月初+当月-月末と計算できそうですね。

(2)こちらも、当月支払+当月未払-前月未払で求められますね。 

 

問題9-4

本問は、指図書№1が完成したとあるので、(3)は、別々に把握しますね。  

9-2は「製造間接費配賦差異」ですが、9-3と9-4は、科目指定で「原価差異」となっているので、科目指定に注意が必要ですね。

「原価差異」は、様々な差異に共通して使える科目ですね。

 

今日は、ここまでにさせていただきます。

株価情報の見方

<例:アップル>

  • 製品、サービス共に収益性が高く、株主還元策を積極的に実行している
  • 同じ結果が得られるなら、最もコストの安い選択をするのが正しい投資家の態度
    (アップルは投資の対象であり、製品を購入する客になるべきではないという考え方)
    (世界シェアApple 17%:Android 83%/日本でのシェア 62% 世界第1位)
  • 投資対象を検討するなら、当該企業がどのようなビジネスを営んでいるかを深く理解する

 

<例:ニトリ>

  • 収益:7,000億
  • 純利益:900億
  • 純利益率:12.85%
  • 売上原価:3,000億
  • 原価率:3,000÷7,000=42.3%

主な株価指標

  • PER(予想株価収益率/株価÷EPS)
  • EPS(1株利益)
  • 配当利回り(配当金÷株価)
  • PBR(株価純資産倍率/株価÷純資産)
  • BPS(1株ああり純資産)
  • ROE(自己資本利益率/数字が大きいほど株主から見た収益力が高い企業)
  • 株式益回り(EPS÷株価/PERの逆数)

趣味:プロ野球観戦(ドラゴンズファン)


今日も勝ちました~!\(^o^)/

今日も打線が爆発!野手全員安打の15安打です。

お立ち台は、岡林選手、石川選手、細川選手でした。

 

ヒーローインタビューは、動画で撮影したので、YouTube(自分用)にアップしておこうと思っていたのですが、後ろの席の方が、何度も大きな奇声を発しておられて、それがいっぱい入ってしまって、非常に残念!!

自分に聴こえるように音量を上げると、奇声がうるさ過ぎて、画像しか視られないんです。

拍手だけにして欲しいなぁ。 

 

またの機会に、岡林選手のヒロインが撮れますように!(#^.^#) 

 

ドラゴンズのファンクラブには、「ヒーロー予想」というのがありまして、予想した選手が、ヒーロー(お立ち台に上がる選手)になられると、ポイントが付くんです。

 

昨年は、ファン心理で、全試合、岡林選手にしていたのですが、今年は、ゲームの都度、変更していて、今日は細川選手にしていました。

DeNAから移籍された選手ですが、凄くパワーがあって、コンスタントに打ってくださるんですよ。ポイントを貯めたいというよりは、当てるのが楽しみって感じかな?

 

細川選手は、カメ置きで、ステーキを450g食べられるというお話を聞いて、うんうん、なっちゃんと同じだ~って聞いていたら、その後にハンバーグ2枚!!(@_@;) 

パワーあるはずだ~~!!

 

ちなみに、今日のヒーローは、偶然にも上位に予想されている3名全員でした。 

 

 

ペン立ては、ホットスタッフという派遣会社さん提供で今日の観戦者に配られました。

可愛いので、早速、組み立てて、机の上で使わせていただくことに…。(^^)/

中仕切りまで付いていて、とても丈夫です。

 

後ろのポーチは、勝ちゲームのチケット入れに使っています。

やっと4枚になりました。(観戦勝率5割です) 

今日もハッピー♪
ブログ記事一覧

Jimdo応用編テキストサンプル動画