教室に通うのが楽しくなるテキストです。

簿記

簿記

簿記3級(第2回総合問題第3問)

【第3   

第3問は、精算表作成問題で「売上」と「仕入」のみ消費税を考慮に入れるという問題です。

今までの練習問題で出てきた内容ばかりで、特に変わった部分はないかと思います。

強いて言えば、

(3)現金過不足

「現金過不足」35,000をなくして、「仮受金」30,000をなくすと、借方残5,000になるので、「雑損」で処理しておくことになりますね。

 

(10)受取地代

前もトレーニングに出て来ましたが、偶数月に2ヶ月分受領ということは、決算月の12月に12月と1月分を受け取っていることになるので、1月分の3,400が「前受地代」になりますね。

本問の場合、念のために3,400/月×12ヶ月=40,800と計算してみると、P/Lの数字と一致するので、自分の処理が正しいと判断できます。

時間が余れば、こういった面からもチェックをされると、良いかと思います。

 

最後は、費用合計のほうが多いので「当期純損失」になりますね。 

やよい

経理業務

案の定、風邪をこじらせてしまって、体調が良くないので、今日は休みます。

一応、決算書を作成してあるのですが、「売上値引」を「売上」のマイナスで処理しているので、消費税を考慮すると、「売上」は値引き前の金額にして、「売上値引」を別計上しておかないとまずいので、その点だけ修正して作り直そうと考えています。

 

いずれにしろ、長引かせないように、お薬飲んで寝たほうが無難なので、明日以降の業務終了後にやってみます。 

その他1
その他2
今日もハッピー♪
ブログ記事一覧
ハッピーテキストショップ1号店
レンタルスペース
お絵描きコンテスト