教室に通うのが楽しくなるテキストです。

ウィンドウズ10のタスクバーをすっきりさせる

 

こんにちは。野田です。(^^)
本日のお題はこちらです。ドン!

 

 

『ウィンドウズ10の検索ボックスを縮める その2

 

 

前々回(9/6)前回(9/13)
ウィンドウズ10の検索ボックスの表示に関する話でした。
(下図の赤枠部分。場所を取りすぎているので、非表示にするという話。)


 


本日は、それに続いて、
タスクバーのうち、他の不要であろうボタンを削除する手順を紹介します。
本日、消すのは下図の2つのボタンです↓

 

 


早速、左側のボタンから見ていきます。
これは[タスクビュー]ボタンといいます。 


 


 このボタンの機能は、クリックするとわかるのですが、
現在、表示しているウィンドウを一覧表示してくれます。

下図は、ウィンドウを3つ開いた状態で、そのボタンをクリックしたものです。

 


並べる以外にも機能はあるのですが、
基本的に「複数のウィンドウを扱っている」というのが前提のボタンです。

複数のウィンドウを扱わない方は、このボタンは消してしまってよいでしょう。
(消しても、後で再表示はできます)

 

ボタンを消すには、タスクバー上で、次の手順を行います↓

※ 消した後、再表示したい場合は、同じ手順を繰り返して[オン]にします。




続いて、もう1つのボタン。
こちらは[ストア]というボタンです。


 

[ストア]は、「無料・有料の様々なアプリ」を手に入れられる場所です。

その他にも、「映画などの動画」や「ポップスなどの音楽」を

有料で視聴できます。

ただ、それらを使わない方は、このボタンは場所をとるだけになります。


それに、この[ストア]ボタンは、スタートメニューにもあります。
(下図の赤枠部分。ただし、タイルの位置はパソコンによって異なります)

ですので、頻繁にストアを使う方でなければ

タスクバーの方の[ストア]ボタンは、消してしまってよいでしょう。

 


消す手順は次のとおりです。
[ストア]ボタンを右クリック →[タスクバーからピン留めを外す]をクリック

これで消えます。


 

 


さて、今回の2つのボタンを消すのと、

前回の「検索ボックスの非表示」と合わせると
タスクバーが下図のように変わります。


すっきりしましたね!

 


これらのボタンは普段使わない、という方は、
ぜひ非表示にして、タスクバーをすっきりさせましょう。

 


…というわけで、本日は以上となります。
また来週にお会いしましょう(^^)
 


 

  

 

ポチッと応援クリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ

 

◆弊社 別事業サイト◆

営業時間:平日11:00~17:00

すぐにご対応できかねる場合もございますので、ご了承ください。